STARMANN

いつか光を超えて、わたしを空へ連れ出して

第5回ジャニヲタ英語部参加報告

恒例のジャニヲタ英語部に参加してまいりました!今回はプレゼンコーナーがあるということで、いつになく気合を入れて仕込みをしていきました。結果、巧妙なショップチャンネルになりましたことを、参加者の皆様には深くお詫び申し上げます。

ウォーミングアップ

今回主催者様がご用意してくださったのは「僕は誰でしょう?」ゲーム。予めご用意していただいたカードの束を引くと、ジャニーズタレントの写真と名前が書かれています。カードに書かれた人物のことを英語で説明し、周りの人が誰のことか言い当てるというものです。4人ずつ2チームに分かれ、10分間のタイムトライアルにチャレンジしました。

これがやってみるとなかなか難しい!固有名詞は使えないというルールがあるので、所属しているグループ名はもちろん言えません。なかでもわたしを悩ませたのが、伊野尾慧(笑)
"He is cute"
"He went to university"
"His group released CD recently, and its PV is very cute"
これ以上何も言えない…いのーさんに関して知っている情報が少なすぎる…。メンバーカラーや大学卒業年を聞かれても、そもそも知らない…。そして少ない情報を、これまた少ない英語のボキャブラリーで伝えなければならない…。しかも、みんなJUMPにはたどり着くのに、いのーさんにたどり着いてくれない…。最終的には顔芸で当ててもらいました。

我々のチームは残念ながら負けてしまいましたが、おもしろいし盛り上がる!ウォーミングアップにはもってこいのゲームでした。これ日本語でやっても面白いんじゃないかなぁ。

テーマトーク

プレゼンコーナーです。最近見に行った担当グループのコンサートの様子を、雑誌の記事を使ってプレゼンする人、ペンライトとそのコンサートでのつかわれ方を実践してくれた人、自作の渾身のパロディー雑誌を使って担当のすばらしさを語ってくれる人、担当の指の美しさを写真を見せながら力説する人、担当じゃない子をパワポと動画を使ってモロマ*1する人、ご自分の宝物の一冊を持参して当時のタレントたちのビジュアルを恋しく語る人…実に個性あふれるプレゼンでした。

さて、わたしのプレゼンテーマは「コンサートグッズに見る、KAT-TUNのファン思いぶり」です。
Twitterをご覧いただいている方はご存知でしょうが、主は5月9日、10日のKAT-TUNのコンサートに行ってから完全にこじらせまして。今回のコンサートについて語りたいと思ったのですが、いくら英語部レギュラーに元かつん担が多いとはいえ、最近のかつんに関しては詳しくご存じない方が多いだろうと考え、グッズという観点からのアプローチを試みました。

中丸「KAT-TUNはほかのグループの3倍はグッズ作りに時間かけてる」*2
亀梨「俺の場合は常に『自分の彼女に持ってほしいものを』というつもりで意見を出してる」*3
作るのは男性ですが、実際に手にして使うのは女の子がメイン。そこをしっかり考えてくれていることが、本人たちの言葉からもわかります。グッズがとにかくかわいい!センスがある!実際のプレゼンで使用した資料を使いながら、再度ご説明します。各グッズに対するメンバーのコメントも併せてお楽しみください。尚、値段はチラシ制作時、記憶に頼って適当に書いたのですが、終わってから調べると間違いだらけだったので、文章を参照のこと。

f:id:tea__miKi:20150517012426p:plain
さて、最初にご紹介するのは、こちらの缶バッジ!コンサートのタイトルロゴになっているこの4つの扇は、それぞれがメンバーカラーになっており、その真ん中で4つを白い「ハイフン」が繋いでいるという、KAT-TUNが思うKAT-TUNの形を表象した形になっています。実はこの形は今回のコンサートのステージの形にも採用されていました。このバッジを見るたびに、4人を乗せた扇型のムビステがアリーナ中央で合体し、そのうえで歌い踊るかつんを思い出すことができる優れもの!お値段なんと、500円!

f:id:tea__miKi:20150517012325p:plain
次にご紹介するのはこちら!コンサートグッズのマストアイテム、ショッピングバッグ!色はシンプルに白一色のみご用意しております。缶バッジと同じくロゴ入りですが、裏面は無地なので、「KAT-TUN」の文字さえ見せなければなんと普通のトートバッグとして普段使いできるんです!ジャニヲタのグッズ購入の判断基準として「普段使いできるか」というのは無視できない項目です。しかし、これならそんな心配はご無用!コンサート時は団扇を入れ、普段使うときはA4サイズがすっぽり収まる。社会人や学生にうれしいサイズでございます!いつでもKAT-TUNとの思い出を持ち歩くことができるのです。KAT-TUN is always together with you!*4こちらがお値段なんと、特別価格の1800円!

f:id:tea__miKi:20150517012326p:plain
まだまだあります。続きまして本日の目玉商品、リングライトの登場でございます!ジャニーズのコンサートにペンライトは欠かせません。しかし、必需品はそれだけではありません。団扇をもって応援する気持ちも伝えたいし、自担が遠くにいても細かい表情まで見たいなら双眼鏡も手放せませんよね!そんな手が足りないとき、おすすめしたいのがこのリングライトでございます!これなら指にはめれば両手が空くので、団扇を持って手元を光らせたまま双眼鏡をのぞくことができるのです!更に更に!レポのためにメモを取りたい人は必見!指にはめたままペンを握ると、なんとまぁ手元が明るくメモを取りやすい!お色はシンプルに白一色のみのご用意ですが*5、田口くん曰く「ステージから見るとすごい綺麗」だそうです。お値段も800円とリーズナブル!今だけのビッグチャンス!たった800であの亀梨くんとの婚約指輪が買えるんです!

f:id:tea__miKi:20150517012324p:plain
そして最後にご紹介するのが、こちらも目玉商品のショットグラス!今回のグッズ内容発表時にもひときわ注目を浴びていたこちらの商品。グッズにショットグラスなんていかにもかつんらしい発想ですが、言いだしっぺは(もちろん)ジャニーズのセックスシンボル・亀梨和也でございます!グッズとしてショットグラスを出すのが長年の夢だったという亀梨くん、念願かなって出来上がった商品を、割れた時の予備用に5個もお買い上げになったそうです。お酒を飲むのにはもちろん、アクセサリーなどの小物や「俺たちとの思い出とか?」*6を入れておくにも使えるという、さすが女心がわかるセックスシンボルならではの商品になっております。更に、先ほどご紹介したリングライトをこのショットグラスに入れ点灯させると、これだけでおしゃれな照明に変身!お値段こちらも今だけ限定の1000円!1000円でご提供いたします!ただしこちらの商品はご好評につき品薄になっておりますのでご了承ください…

いかがでしょうか。グッズだけ見ても、かつんがいかにファンのことを考えているかがわかる商品ラインナップでございます。主はいわゆる「永遠の新規」*7ではありますが、そんなわたしでもかつんを応援し始めてもう10年以上の時が過ぎました。KAT-TUNといえばジャニーズのダークサイドみたいなイメージはありましたが、いろいろなことを乗り越えて、こんなにファン思いのグループに成長してくれたことを、ファンとして誇りに思っています。

ということが言いたいがためにずいぶん長々としゃべってしまいましたが、今回は英語部の話なので、本筋に戻ります。


その後のフリートークでは、好きなシンメの話、進路相談など、やはり盛り上がりを見せました。だてなべはベーシックシンメ、キンキは至高、友達部は正義、じんかめは伝説。


第1回から参加している英語部も5回目ともなるとレギュラーメンバーとは気心も知れてきますし、主催者様の作り出すアットホームな雰囲気がとても居心地がよく、毎回充実した時間を過ごさせていただいております。普段のおた活では知り合えない範囲のタレントのファンの方と知り合い、担当への率直な思いをお聞きできる場所は、あまりありません。「話そうよ!」というスタンスの人たちの中で、「英語でコミュニケーションをとりたい」という思いで話をしていると、友達にもあまり話さないような深い話までできてしまいます。そんな場を与えてくださった主催者様と、英語部への参加を通して仲良くなったお友達各位に再度お礼申し上げます。
では、第6回英語部でまたお会いしましょう!

*1:本人曰く「ステマ」らしいが、まったくステルスではない

*2:1,2年前のツアーパンフレットで言ってた気がする(あいまい)

*3:9uater LIVE 2015パンフレット13頁

*4:わかるひとにはわかるところ。そして泣くところ。

*5:かつんはハイフンに白を身に着けてほしいらしい

*6:渾身のどや顔付き

*7:そろそろこの言い回しが通じる人が絶滅危惧種になってきている。