STARMANN

いつか光を超えて、わたしを空へ連れ出して

徒然

推しが結婚しました。

異性の「担当」や「推し」がいるおたくにとって避けては通れない議論がある。 「担当や推しの結婚、許せる?」 答えは十人十色だろうが、ついに私の答えが出た。 ※意見・感じ方には個人差があります。あくまでも私個人の考え方です。 私の贔屓にしている俳優…

屋良担が中山優馬に転がり落ちた話・下

ドリアングレイで優馬くんに恋したわたしが次に優馬くんをこじらせたのは、9月のDREAM BOYSだ。ここまで2週間ちょっと。転げ落ちてからが早い。 外部舞台で初座長を務めた優馬くんが、寵愛を受けるジャニー社長のもとで満を持して帝国劇場の0番に立った。歌…

屋良担が中山優馬に転がり落ちた話・上

事の発端は2015年5月、優馬の初のソロツアーにお誘いいただいたことだった。 その日の昼、某シアタークリエの某グループの某ジャニ銀の当日券に当たる気満々で、わたしは日々谷にいた。そのわたしに、優馬担の友人から連絡が来た。 なんでも知り合いが夜公演…

あの日のこと

Endless SHOCK 2012のドキュメント映像の中で、同作に毎年出演しているはずの出演者がオープニングの振り付けをまったく思い出せない様子が映し出されている。ドキュメントの中では、その原因は、前年の公演が震災により中止となり千穐楽をむかえられなかっ…

アイドルの切り札

べスアでの衝撃の発表から一か月が経ち、年が明け、2016年――KAT-TUNデビュー10周年の年を迎えた。 この一か月と少しの間、ずっと考えてきた。わたしは何をすべきか。何を信じ、どこへ向かって、何を諦めるべきなのか。考えてきたというか、あの日のあの瞬間…

「ジャニーズJr.」の夜明け

先日、"MAD"の池田優くんの事務所退社を受けて下記の記事を書いた。 tea-miki.hatenablog.com ここに記した言葉たちは、いけたんの退社以前から、正確にはおそらく米花くんの退社辺りから言語化され、自分のなかに渦巻いていたものである。いつかは形にした…

「ジャニーズJr.」という鳥籠に物申す。

お恥ずかしい話だが、わたくしは物心つく前からジャニーズを見て育ってきた。KinKi Kidsに始まり、KAT-TUN、そしてJr.にいたるまで、この歳で既に20年間ジャニーズと付き合っているわけだが、それだけ長いこと見てくれば、数々の別れも経験する。ゴシップ画…

やらくんの好きなところ

祝!初エントリー!!\(^o^)/Twitter等々で知り合ったお友達で素敵な文章を書かれる方が多く、前々からやりたいな~と思っていた、はてなブログ。 書きたいことができたので、本日めでたく初エントリーの運びとなりました。 Twitter*1をおもな生息地として…